あなたは定年まで働きますか?21世紀の働き方「FIRE」を目指そう!

皆さん、こんにちは。
最近、「FIRE」というワードがちょっとしたブームになっています。

 
ヒロ
この記事はこんな人におすすめ!

・FIREとは?

・FIREするにはどうしたらいいの?

・1つではないFIREの形

FIREとは、Financial Independence, Retire Earlyの略で、簡単に言えばたくさんお金を若いうちに貯め、早期退職をして残りの人生を楽しみましょうという生き方です。

FIREを実現させるためには、十分な資産がなければいけないと一般的にはいわれています。

しかし実際は全てがそうではありません

例えば年収1000万円と年収300万円の人では、月の生活費も大きく異なってくるでしょう。その為、FIREで目指すべき金額が異なってくるのです。

今回は、FIREをするために行うべきことやFIREを行うために必要な資産額などを、どういう観点で考えればよいのかについて説明します。

本気でFIREを目指している方はぜひ参考にしてみて下さい。

FIREを実践するために必要な資産額とは?

まず初めにあなたが将来どんなライフスタイルで生活したいのか?を思い描き実際に幾らくらいの年間支出が発生するのかを算出しましょう。

人によってはタワーマンションに住んで、優雅な食事を食べ、色々な場所へ旅行に訪れたいという人もいるでしょう。逆に、住む場所は田舎の静かなところで、贅沢はしなくても自然に囲まれてのんびり過ごしたいという方もいるはずです。こうなった時に、年間支出の額は全く異なってきます。

そして、この年間支出が明確になったら、次にFIREを実践するための1つの目安となる以下の公式に当てはめてみます。

目標金額の算出公式

年間支出×25

例えば、年間支出が240万円(毎月の支出が20万円)の場合は

240万円× 25 =6000万円になります。

この年間支出× 25の根拠となっているのは、年間4%の利回りで生活するための金額という事になります。

アメリカの株価市場は、平均すると年間7%ほど上昇しています。もちろん今後もこの通り成長を続けるとは限りませんし、インフレなども考慮して少し厳しめに見て4%という数字を想定利回りとして算出しているのです。

さてここで、皆さん気づいたと思いますが、FIREを実現させるためには投資は必要不可欠になります。

ある程度の資産を形成し安定的な投資を行うことによってFIREは実現できるのです。

しかし、これだけの資産があれば、躊躇なく早期退職できる方も多いと思いますが、実際はこんな莫大な資産がない方も多いでしょう。

しかし、資産がなくても早期退職したい方は多いはずです。

果たして、資産がないとFIREをしてはいけないのでしょうか?

答えはノーです。年間支出× 4%の資産がなくても十分FIREはできます

十分な資産がなくてもFIREを行うための4つのポイントとは?

十分な資産がなくてもFIREを行うことはできますが、行うべきことがいくつかあります。

この章では、十分な資産がなくてもFIREを行うための4つのポイントについて説明しますのでぜひ参考にしてください。

今の資産と毎年の生活費を確認


FIREをしたいと思うのであれば、まずは現在の資産と毎年の生活費についてしっかり確認するようにしましょう。

持ち家か賃貸かによって毎年の生活費は大きく変わってくると思います。

まずは、毎年の生活費をしっかり把握することが重要です。

そして、現在の資産額を確認し、早期退職をした後どうすれば毎年の生活費を捻出することができるか考えましょう。

資産運用だけで補えれば良いですが、毎年の運用利回りは4%から高くても6%程度で考えるのが大切です。

10%を超えるような運用も決して不可能ではありませんが、リスクを過大に取ることになり大きく資産を減らしてしまう可能性があります。

資産運用で期待できる金額は4%から6%程度で考えておけば、安心してその後の生活を送ることができるでしょう。

そして(毎年かかる生活費)ー(資産運用から得ることができるお金)の計算式で、毎月稼がなければいけない金額を算出できます。

毎月稼がなければならない金額が決して無理な金額でなければ十分な資産が貯まっていなくてもFIREすることは可能です。

たくさんお金がないからFIREできないとあきらめるのではなく、まず現状分析をしっかり行いましょう。

完全リタイアではなく一定の収入源を持つ


FIREと聞くと、十分な資産を築いてから完全にリタイアをし、残りの人生を資産運用によって賄っていく生き方のように思われている方も多いと思います。

たしかにその通りですが、資産運用以外の収入源がなくなってしまうことに怖さを持つ方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、完全なリタイアではなく副業や仕事の負荷を落として仕事をし続けて収入源を持ち続けることです。

いまは、インターネットビジネスが盛んなのでブログやクラウドワークスで家にいながらお金を稼ぐことができます。

クラウドワークスには様々な仕事があり、記事を書くライターの仕事やプログラミング、コンサルなど様々な仕事があるので自分に合った仕事を選ぶことが可能です。

このように早期退職した後も副業を行うことによって一定の収入を得ることは決して難しいことではありません。

また、雇用形態を変えることも1つの方法です。

正社員から契約社員となり週5日仕事をしていたところを、週3日にすることによってかなりゆとりのある生活を送ることができるでしょう。

FIREを実際に行う際は資産があることに越したことはありません。しかし資産がなくても、早期退職をした後にお金を稼ぐ方法はいくらでもあります。

嫌な仕事をずっと続けて身体に異常をきたす前にとりあえず早期退職してしまうというのは1つの方法でしょう。

配当金や分配金など安定的な収益源を持つ


FIREを実現させるためには投資が欠かせません。投資と聞くとキャピタルゲインを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、FIREを実現させるためにはインカムゲインつまり配当金などの安定的な収益源を重視した運用を行うようにしましょう。

確かに、キャピタルゲインは株式投資などの最大の醍醐味になりますが、いつでも大きな売却益を得られるとは限りません。

一方、配当金は売却益に比べると地味ですが安定的に入ってくるものになります。

FIREを実現させるためにはインカムゲイン重視の運用を行うようにしてくださいね。

支出の見直しを行う


FIREを実現させるためには支出は少ないに越したことはありません。

もちろん過度な節約はいけませんが、支出の見直しはしっかり行うようにしましょう。

特に、固定費についてはしっかり見直しをしてください。

最近は、無駄なサブスクに入っている方も多いと思いますし、携帯料金が高止まりしている方もいらっしゃると思います。

また、支払いを口座振替ではなく、クレジットカード支払いにすることによってポイントを貯めることができますので、ポイントをうまく利用することによって節約につながるでしょう。

このように、支出の見直しをすることもFIREを実現させるためには非常に重要なのです。

まとめ

資産があることに越したことはありませんが十分な資産がなくてもFIREはできます。

人生は無限にあるものではなく有限です。先ずは自分が理想とするライフスタイルを明確にし、それを実現する為には、一体幾らの金額が必要になるかを冷静に分析する事が重要なのです。

さて最後にこの「FIRE」を目指す為のシンプルな公式を纏めます。

FIREを目指す為の超シンプルな公式

将来のライフスタイルと年間の生活費を算出する

無駄遣いはせずとにかく支出を減らす

年間支出×25で算出した目標金額を貯める

余剰資金を投資に回す

お金がなくても、自分の夢やライフスタイルを手に入れる事は可能です。

ぜひ今回の記事を参考にして頂き、自分なりの「FIRE」について検討し目指してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!